ツヤを出すのではなく汚れが付きづらくなるホイールコーティング

ワックスよりは、ポリマーのコーティングの方が良いと評価される事もよくあります。確かにワックスよりは値段は高めですが、少なくとも光沢感は高められるからです。明らかにワックスよりもツヤが出てきますから、大いに検討する価値はあるでしょう。

ところで車のホイールという箇所も、やはり見た目は大切ではあります。車本体の中でも、意外と目立つ箇所だからです。やはり足元が汚れている状態は、あまり見栄えが良いものではありません。

それでホイールコーティングが検討される事も非常に多いのです。ただしホイールコーティングは、上記のポリマーとは全く性質は異なります。
確かにポリマーと同じく、コーティングを行うという共通点はあります。しかしポリマーのように、ツヤを出すという目的では無いのです。

ホイールコーティングの場合は、どちらかといえば掃除の労力を省く為の手段と言えるでしょう。ホイールコーティングを行った後にも、やはり洗浄作業は行う必要があります。

それでコーティングを行っていないホイールと比べれば、明らかに洗浄の手間が小さくなるのです。汚れなどは付着しづらくなりますし、そもそも落としやすくなるというメリットもあります。ですからホイールコーティングは、それなりに意味がある訳です。

逆にポリマーのように、ホイールにツヤを出すという効果はほぼありません。そもそもホイールというのは、あまりツヤが求められない事の方が多いでしょう。どちらかと言えば、洗浄の労力を小さくする事の方が、遥かに重要度は高いです。同じコーティングではありますが、ポリマーとは全く違うイメージで捉えておく方が良いでしょう。

またポリマーと違って、耐久力にも差があります。そもそもポリマーのコーティングの場合は、せいぜい半年ほどしか効果が発揮が持続しない傾向があります。ですからポリマーの場合は、メンテナンスの頻度もそれなりに多くなってしまう訳です。
それに対してホイールコーティングの場合は、耐用年数はもう少し長くなります。1年や2年位という寿命になる事が多いです。少なくともポリマーよりは長持ちする事は間違いないでしょう。

とりわけ欧州車に対するホイールコーティングは、大いに有効なのです。その地域で作られた車ですと、ブレーキ性能が優れている都合上、ホイールに対して様々な汚れが付着してしまう事も多いからです。

逆にホイールコーティングを行っておけば、そういうホイールに対しても、汚れが付着しづらくなるのは間違いありません。ですから欧州車には、やはりコーティングはおすすめと言えます。

ちなみにホイールコーティングは、料金もそこまで高いものではありません。そもそもポリマーのコーティングなどは、数万円ほどかかってしまう事も多いのです。メンテナンスなどを行えば、やや費用も高めになってしまう傾向はあります。
しかしホイールコーティングの場合は、そこまでの料金ではありません。というのもホイールというのは、そこまで大きなパーツではないからです。

確かに車全体に対するコーティング作業などは、専門業者に対する労力は大きくなるでしょう。

しかしホイールコーティングでしたら、面積もそれほど大きなものではありませんから、料金も比較的低めになっている訳です。金額もそこまで高いものでもない訳ですから、やはりホイールコーティングは前向きに検討しておく方が良いでしょう。

PR|カーフィルム専門店