カーコーティングには紫外線が当たっても大丈夫か

以前の車は親水コーティングを施工して、今度は撥水コーティングにしようかと思っていました。撥水も親水もカーコーティング専門店でします。

車に対しては、もちろん太陽の光は当たる事になります。それでドライバーの方々は、それによる悪影響を懸念している事も大変多いです。なぜなら光の中に、紫外線が含まれているからです。
もちろん紫外線は、人体に対しても大いに悪影響があります。それで肌の状態が悪くなってしまうという話は、しばしば耳にするでしょう。また毛髪にも、あまり良くない影響があるのです。

それが理由で、車の窓ガラスにフィルムなどが貼られている事も多いです。ですがそれよりも、車本体に対する悪影響もまた心配なのです。なぜなら塗装状態が悪くなってしまうからです。

紫外線は人間の肌だけでなく、塗装に対してもそれなりに悪い影響を及ぼしてしまいます。例えば、塗装の白ボケと呼ばれる現象が発生する事もあるのです。
長らく何かを使っていると、たまにボヤけた状態になってしまう事もあるでしょう。まるで表面部分に対して、濃霧がかかっているような見た目になってしまうのです。それで車の見栄えが著しく悪くなってしまう事も、珍しくありません。紫外線が、そういう状態を作り出してしまう訳です。

理由は、もちろん紫外線による劣化です。そもそも形がある物に対しては、必ず紫外線は悪影響を及ぼしてしまうのです。ずっと太陽の光を浴び続けていれば、人間の肌が老化してしまう事も多々あるでしょう。車の塗装部分にも、同じような問題が生じてしまう訳です。

ところでカーコーティングにも、実は紫外線は要注意なのです。確かにカーコーティングを行うと、車の見た目はそれなりに良くなる傾向はあります。特にポリマーのカーコーティングなどは、車に対してツヤを生み出してくれるでしょう。ですから多くの方々は、ポリマーを検討してはいます。

ですが残念ながら、ポリマーなどのカーコーティングは紫外線には大変弱いです。長らく太陽の光を浴び続けていれば、どうしてもカーコーティングが劣化してしまうのは避けられません。ですからポリマーのカーコーティングによる施工を行った時は、できるだけ紫外線は避ける方が良いでしょう。コーティングが薄くなってしまう事もよくあります。

しかし、それもカーコーティング次第と言えます。そもそも全てのカーコーティングが紫外線に弱い訳でもありません。その逆に、紫外線をブロックできるカーコーティングもあるのです。

例えばある専門業者が宣伝している、UVタイプのカーコーティングです。UVというのは、いわゆる紫外線の関連用語になります。
UVタイプの場合は、その表現通り紫外線をブロックしてくれる力が比較的強いのです。厳密に言えば、やや自己犠牲のタイプになります。

塗装表面に対して紫外線が当たってしまえば、もちろん車の状態は悪くなってしまう訳です。ところがUVタイプのカーコーティングが犠牲的な役割を果たし、紫外線をブロックしてくれる訳です。つまり塗装の身代わりになるイメージです。
ですからUVタイプのカーコーティングも、効果が永続する訳ではありません。どこかのタイミングでUVのコーティングがなくなってしまいますから、定期的なメンテナンスは必要でしょう。

それでも車本体の塗料は、カーコーティングが犠牲になってくれることにより、十分に保護できると見込まれる訳です。ですから紫外線による悪影響が心配な時には、ちょっとUVタイプを検討してみるのも良いでしょう。

このような状況を考慮すれば、少なくともカーコーティングと紫外線との間には、密接な関連性はあります。基本的にUVタイプでない限りは、カーコーティングに対して紫外線は当てない方が良いでしょう。逆に紫外線が心配な時は、UVのカーコーティングあたりがおすすめではあります。

PR|ナビ交換もユニット交換もカーオーディオ専門店