カーコーティングを比較する基準と耐熱性

車に対しては、カーコーティングが行われる事もよくあります。車の見た目を整えてくれる特徴はありますから、大いにメリットがあるのは事実です。
ところで車に関する状況は、とても多彩です。状況によっては、やや温度が高まってしまう可能性もあるでしょう。

そもそも車が移動する場所は、必ずしも温度が低いとは限りません。時には、ちょっと温度が高めな場所に行く事もあるでしょう。
それと、そもそもエンジンルームの温度です。そこからは間違いなく熱が発せられているのです。ですからルーム付近などは、やはり温度も高めになってしまう傾向はあります。

このためカーコーティングの施工を行う時には、耐熱性なども1つのポイントになります。少なくとも耐えられる温度が高めであるかどうかは、確認しておく方が無難でしょう。

そもそもカーコーティングは、どれも同じではありません。実に複数の種類がある訳ですが、カーコーティングによっては若干高温に弱いこともあります。
例えば、ポリマーのカーコーティングなどは注意を要するでしょう。確かにそれは車の光沢感を高めてくれるメリットはあります。しかしポリマーというのは、ややデリケートなタイプになるのです。

ポリマーは、外敵な刺激にはかなり弱い性質があります。例えば、上記でも触れたエンジンルームの高音などは注意を要するでしょう。残念ながらポリマーは、あまり高温には強くありません。他のタイプのカーコーティングと比べても、かなり高温には弱い傾向があります。

このためポリマーというタイプは、しばしば耐用年数が問題だと思われている事があります。確かにそれは車のツヤを高めてくれる効果は大きいのですが、あまり高温には強くないゆえに、それほど長持ちしないからです。ですからツヤを長期間に渡って維持したいというニーズには、やや不向きな一面があります。
ですがカーコーティングは、何もポリマーだけが唯一の選択肢ではありません。その他にも、様々な種類が存在する訳です。

例えばセラミックと呼ばれる種類があります。それは耐久力はかなりカーコーティングになり、日本全国の中でも取り扱っている業者が非常に少ないのです。
それでセラミックというカーコーティングは、耐熱性に大きな特徴があります。何と言ってもセラミックですと、最大数百度という高温にも耐えることが可能なのです。ポリマーというタイプですと、およそ難しいレベルです。ですからエンジンルームの温度が心配な方々にとっては、セラミックのカーコーティングはおすすめと言えます。

もちろんエンジンルームだけではありません。訪問する場所によっては、かなり気温が高い事もあるでしょう。やや暑い場所に移動する時でも、セラミックやガラスコーティングというカーコーティングは最適なのです。

何もセラミックだけではありません。その他にも、耐熱温度が比較的高めなカーコーティングもあります。

要するにカーコーティングによって、それぞれ耐熱温度も異なる訳です。温度の差は、カーコーティングを選ぶ上での基準の1つにはなるでしょう。
そもそもコーティングを行う一番の目的は、車の見た目をよくする為です。もちろん車に対してツヤを出す為に、コーティングを行う事もあるでしょう。

ところがエンジンルームの高熱などで溶け出してしまうと、却ってそれが車の見た目を悪くしてしまう場合があります。たまに車に対して、油のような汚れが付着している事もあるでしょう。それはたいてい高温によって溶け出したカーコーティングが、一番の原因なのです。またワックスなども、一因になっている事があります。
ですから耐熱性は、やはり軽視できません。各タイプの耐熱性をよく比較した上で、最適なカーコーティングを選ぶのが良いでしょう。

ガラスコーティングで泥跳ね汚れもラクに取れるのでカーコーティングを施工してよかったと思っています。

カーコーティングを行った方々は、失敗したと感じている事もたまにあります。ただよくよく状況を見てみる限り、事前に回避できるケースが殆どなのです。基本的には、事前処理を入念に行っていたか否かに左右されるでしょう。
例えば、次のようなパターンはよくあります。ある専門業者にて、カーコーティングを行ってもらいました。ちなみに車の一部に対して、ちょっとした傷があったのです。しかしあまり目立つ傷でもなかったので、特に何も処理をせずに専門業者に任せました。

こういう時には、実はカーコーティングでトラブルが生じる確率がかなり高いです。なぜなら、傷が目立ってしまう事もあるからです。
傷が残った状態でカーコーティングを行ってしまうと、その部分が光ってしまう事もあります。却ってそれで傷が目立ちやすくなってしまうので、逆効果になってしまうパターンは本当に多いです。

何も傷だけではありません。車に対しては、様々な汚れが残っている事もあるでしょう。それも、カーコーティングで目立ってしまうパターンは多々あります。
ですが、上記のパターンは原因が明確でしょう。どちらも車の車体にある残留物が、明らかな理由なのです。であれば、それを除去しておけば良いのです。

現にコーティングというのは、前処理の入念さに大きく左右される傾向があります。少なくとも上記のように、何も処理をせずにカーコーティングを行う事だけは避けた方が良いでしょう。傷が目立ってしまう確率が非常に高いからです。
では具体的に何を行えば良いかというと、まずは手洗いです。この時に、あまりブラシなどは使わない方が良いでしょう。ブラシが車の本体に対して、傷を付けてしまったという話は本当に多いからです。

基本的に手洗いさえ細かく行っておけば、たいていはカーコーティングの仕上がりも良くなる傾向はあります。毎日手洗いを行うというのは難しくても、細かく前処理を行っておけば、かなり仕上がりも期待できるでしょう。

それが完了したら、もちろん車の表面にある悪い物は取り除く必要があります。例えば、鉄粉などが車体に残っている事はよくあるのです。それもカーコーティングで目立つ原因になってしまいますから、確実に除去しておく必要があります。
それに加えて、コンパウンドでも磨いておく必要があるでしょう。そもそも車のオーナーの方々は、コンパウンドというツールをご存知でない事も多いですが、それで事前に磨き作業を行っておくだけでも随分違います。軽い傷などは、全てそれで処理を行っておくべきでしょう。

そして次が肝心なのです。脱脂という作業は、確実に行っておく必要があります。車の上にある残留物を除去する為の作業ですが、専用の脱脂剤を使って取り除いていく事になります。

この脱脂作業を丁寧に行っていたか否かにより、カーコーティングの仕上がりもだいぶ変わってくるのです。基本的には狭い範囲を対象にして、できるだけ丁寧な作業を心がける方が良いでしょう。特に車洗浄にあまり慣れていない方々は、要注意です。かなり時間をかけて、丁寧に脱脂作業を行う事が肝心です。

つまり手洗い作業と鉄粉除去とコンパウンドと脱脂という4つの作業が必要になるのです。これら4つの作業を確実に実行した後にカーコーティングを行っておけば、たいていのトラブルは回避できる傾向があります。

多くの方々は、この作業のどれかを怠ってしまっています。それで事前作業が不十分なので、カーコーティングの仕上がりが悪くなったという事例が多いです。
せっかくお金をかけてカーコーティングを行う訳ですから、多少は手間をかけてでも、事前の準備作業を入念に行っておくべきでしょう。

 

PR|看護師 募集|パイルバンカー即時登録リンク集看護師 転職|看護師求人ランキング|ネットショップ 開業カーセキュリティのIICグレートウォール相互リンク集カーラッピングのIICオラトリオ自動登録リンク集FX 自動売買ソフト育毛剤ハシエンダ自動相互リンク全身脱毛副業ランキング海外バイナリーオプション|GetMoney|JALカード.com|人気サイト|超SEO対策|東京 クルージング|ハーレーバイクコーティングマッサージのリアル口コミ.com|女性向けエステ.com|車洗車用品通販健康マニアによる無病ライフ|お家の見直ししま専科看護師求人エステサロンカーコーティング施工店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です