ラフな道を走れば泥や水跳ねの汚れは当たり前に

PR|GetMoney|JALカード.com|貯蓄|英語上達の秘訣|住宅リフォーム相互リンク集|マッサージのリアル口コミ.com|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|お家の見直ししま専科

フィッシングやトレッキング、野鳥観察といったアウトドア目的で平気でラフな道路にも入ってゆく私の車は足元の汚れは当たり前の状態。
もちろんそんな条件を加味しある程度のオフロードでも走行OKなSUVに乗っている私なのですが、それにしても前日の雨でぬかるんだ路面を走らざるを得ない時は泥や水が跳ねた跡の汚れも結構目立ち、簡単な汚れ落としが必要となる場面も結構あります。
高速道路を利用する長躯遠征の際、帰路にまとまった雨量の雨さえあれば走行中にある程度汚れは落ちてくれるものなのですが、もちろん程度の強い汚れは落ちてくれません。また近郊に出掛けた際はそういった幸運に恵まれるケースも少なく、ちょっと手間ですが別途時間を割いて汚れを落とさなければなりません。
余りに酷い汚れなら帰る途中でガソリンスタンドに寄り洗車をしてスッキリさせていくのですが、汚れが足回り周辺に留まっている様であればそのまま自宅に直行。翌日の空いた時間にでもバケツで水を掛けつつ専用ブラシで擦り汚れを落とすのが普通です。

ガラスコーティングで泥跳ね汚れもラクに取れるわたしの車はスポーツクーペ。背が低くお手入れするにはラクです。背が高いクルマだと手を伸ばしても届かないところがあるけれど、わたしの車は手が届かないところがないのでその点ラクなんです。

水垢汚れとか泥が飛んだ汚れは、トランクにボロ布を用意してあるので気がついたときにぬぐい取っています。気がついたときはいつでもどこでもさっさと拭き取ってしまいます。その方が結果的にお手入れがラクなのです。

何でも一緒ですが、汚れは蓄積するほど取りにくくなります。わたしの車は購入したときに数万円かけてガラスコーティングのような特殊なコーティングをしてもらいました。

そのコーティングのおかげで、水跡や泥跳ね汚れはボロ布で軽く拭き取ればスッキリきれいになってしまいます。車体をコーティングをしていなかったらこんなに手入れがラクじゃなかったと思います。数万円支払いましたが、手入れのラクさを考えるとやってよかったな~と思っています。

PR|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です